左下肢のシビレで悩んでいる女性が来院されました

昔、腰のヘルニアで苦しんだこともあるとのことで

再発か?と思われましたが、

いくつかの整形学検査では陰性反応でした

もちろん、医師ではない私には診断を下すことは出来ませんが

深くお話を聞いていく中で、現在のシビレは中枢性のものではなく
末梢性のものだと思われました

 

末梢性のモノと仮定して、原因を探る検査を行ったところ

大殿筋、梨状筋、大腿方形筋で反応が出ましたので
まずはこれらを調整してみると

若干のシビレは残るものの、「7割方減った!」とのこと

シビレの元の坐骨神経は、梨状筋と大腿方形筋とでサンドイッチされていて
その上に大殿筋が包むように位置していますので

これらの筋肉の緊張により、
圧迫されてシビレが出ていたのでは? と考えられます
(黄色-坐骨神経 青色-梨状筋&大腿方形筋)

正座をしていると足がシビレるのと、原理は似ていますよね

 

座りっぱなしの仕事をしていると症状は強くなるようなので

座る→骨盤後傾→筋緊張→長時間の神経圧迫

こういう流れからの症状出現ではないかと思います。

 

おそらく仕事をしていると、また症状は出てくると思いますので

様子を見つつ、少し続けて何度か施術をして

ここから枝分かれしている、脛骨神経や腓骨神経

あるいは血管周囲の組織などなど、必要に応じてリリースしましょう

 

それにより、きっと症状は更に改善していくと思います。

という、お話をして初回は終了しました。

 

お役に立てて、何よりでした
ご利用いただきまして、ありがとうございました。

一回で、全ての症状が消えてしまう魔法があれば良いのですけれど
残念ながら僕は、そういう魔力を持っていません

そのかわりに、理詰めで一生懸命に考えます(笑)