頚椎椎間板ヘルニア

頚椎ヘルニアの方への対応
技術力に自身がある
ご予約はコチラ

最近多い頚椎椎間板ヘルニアの原因とは

頸椎椎間板ヘルニアは日常生活で首への負担が多い人に発症しやすいと言われています
姿勢不良の影響が強く、前かがみの状態が長く続くような仕事をしている場合は特に注意が必要とされてきました

そんな中、近年はPC作業過多やスマートフォンの普及によって頸部の生理的湾曲が消失する「ストレートネック」が原因によって引き起こされる頚椎椎間板ヘルニアで悩む方が増加しています

そういった場合の根本治療には、もちろんストレートネックの改善が絶対的に必要なのですが
そのストレートネックを改善するには、巻肩・猫背の改善もセットで行う必要があります

当院にいらっしゃる多くの方は、一度の施術で姿勢が大きく変化することに驚かれますが
不良姿勢でいた期間が長いほど、脳が不良姿勢を快適と感じてしまっていて
良い姿勢に対しては違和感を持ってしまうため、すぐにまた不良姿勢へと戻りやすいものです

ですから、魔法のように初回施術のみで頚椎椎間板ヘルニアの症状は消失しませんが
数度の施術と、ご自身の意識を少し変えていただくことで症状はドンドン軽減します

あなたの頚椎椎間板ヘルニアの症状がこういった不良姿勢が原因で起こっているのなら
当院の施術によって高確率で改善できると思われます


無料カウンセリングをご利用ください

「頚椎椎間板ヘルニア」でお困りの方には、無料カウンセリングを行っておりますので
ぜひ、そちらをご活用いただきたいと思います

あなたの頸椎椎間板ヘルニアの症状の原因を探り、当院の施術が適応か否かを確認することが可能です

適応と確認できれば、詳しい施術の内容やゴールまでの道筋をご案内することが出来ます
その上で施術を受けられるかどうか、ご判断ください

また、残念ながら適応ではないと思われれば
その旨をキチンとお伝えいたします

いずれにしましても、無理やり強引に施術に持っていくという事は一切いたしませんし
ダラダラと長期に通院していただく必要もございません、また決して押し付けることもいたしません

必要なことを、必要なだけ。
それが私の治療家としてのモットーです

一人ひとり、その症状によって原因が細かく異なります
あなたがお持ちのご症状に対して、最適な施術をデザインさせていただきます

どうぞ、お気軽にご連絡くださいませ。


悪化する可能性がありますから要注意

また、軽度の頚椎椎間板ヘルニアと通常の肩こりの症状は良く似ていますので注意が必要です

まず通常の肩こりの原因は肩や背中周辺の血行不良であり、老廃物が溜まって筋肉が緊張することで起きます
デスクワークなどで動かずに同じ姿勢を続ける人は、通常の肩こりが起きやすくなります

一方で頸椎椎間板ヘルニアの肩こりは飛び出した椎間板が神経を圧迫することが原因なので、肩甲骨周辺の痛みや張り・指や腕にしびれを感じることが多いです

また通常の肩こりは血行不良が原因なので肩を揉みほぐすことで、その時だけは楽になった気がするのでマッサージに行きたくなりますが
頚椎椎間板ヘルニアの肩こりは元々は神経痛なので強い刺激を与えることで悪化する可能性がありますから要注意です


ご予約の電話番号